食事制限なしで減量|筋トレメニューで食べ物の好みが変わる

食事制限を伴うダイエットは、続きにくいものです。
特にカロリー制限は計算が面倒で、食べたい欲求と常に闘わなくてはいけないのでストレスが溜まります。

しかもタンパク質が不足してしまうと、筋肉の原料が不足して結果的に基礎代謝が落ちてリバウンドしてしまう原因になってしまうことも。

 

食事制限よりも実は楽だった?運動で燃えるカラダ作り

 

有酸素運動

食事制限ダイエッットをするよりも、運動を取り入れるダイエットのほうが、食事制限なしで内臓脂肪が燃えやすい体を作ることができるので、減量が楽なる可能性があります。
筋トレ中の食事がわかれば、食べ物の好みが変わることもあります。
筋トレで大切な栄養素は、炭水化物とタンパク質です。

糖質制限ダイエットが流行ってからは炭水化物は絶対悪のように言われていますが、筋肉を壊さないためには適量の炭水化物もとったほうが良いです。
筋トレは筋肉を壊して筋繊維を太くすることで筋肉を成長させる方法なので、筋肉が分解されてしまうことは避けられません。

 

筋肉をつけるゴールデンタイムって?

 

筋トレを行う時間帯

 

トレーニング後30分以内に吸収速度の速いたんぱく質を摂取してください。

わずか30分です。筋トレを終えてすぐ摂れるようにホエイたんぱく質を摂ります。

ここではプロテインで素早くたんぱく質を摂取することが望ましいです。

 

筋トレ後はエネルギーを消費して脂肪を蓄えにくくなっているので、しっかり食べて大丈夫です。
この方法であれば、炭水化物を極端に減らすような食事制限なしでダイエットと筋肉作りをすることができます。

トレーニング後30分以内に炭水化物とタンパク質を含んだ食事を食べるようにすると、筋肉を成長させる効果が高まります。タイミングを考えてとるのが理想的です。

コメントは受け付けていません。