脂肪燃焼させる効果的な運動で一番効果的なものは有酸素運動

一番効果的に脂肪燃焼させるためには、無酸素運動有酸素運動をうまく組み合わせて効果的な運動をすることで効果を発揮します。

人は運動をすると活動するためのエネルギーを消費します。

 

運動不足になりがちな現代人はリンパの流れが滞ってしまい血流が悪くなり体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

そうならないためにも運動の必要性を十分理解し今すぐにでも始めましょう。

どんな脂肪燃焼方法してる?

ヨガ

消費するエネルギー源としてはまずブドウ糖などの血中に含まれている糖分から消費がされ、それから脂質といったように使われていきます。
ダイエットで一番落としたいと思っている余分な脂肪は、実は運動をしたからといってすぐに消費される訳ではないのです。

 

効果的な運動で脂肪燃焼をさせるためには、まずは身体をエネルギーをたくさん消費する体勢に持っていく必要があります。
脂肪が燃焼され始めるのは、20分以上運動する必要があります。

有酸素運動の前の筋トレが重要だった

スクワット

しかしもっと効率よく脂肪を燃焼させる方法としては、有酸素運動をする前に筋トレなどの無酸素運動をしておくと脂肪の燃焼を促進させる効果があるのです。

 

筋トレといった筋肉に負荷をかける無酸素運動をすると、エネルギーを大量に消費するという特徴があります。
筋肉が消費するエネルギーを増やすことで、代謝をアップさせることができるのですが、一度高くなった代謝はしばらくの間その状態をキープすることができます。

 

まとめ

 

つまり一番効果的に脂肪燃焼させるためには、筋トレをはじめに行なって代謝をアップさせ、それから20分以上運動することです。
効果的な運動をしていけば、筋肉量を減らすことなく脂肪燃焼させることも難しくありません。

 

筋トレは正しく負荷をかけないと筋トレではなく有酸素運動になってしまいます。
回数ではなく苦しいと思うまで追いこみ、その後限界を感じてからさらに2~3回の続けることでみるみる効果が出てきます。

コメントは受け付けていません。