細マッチョ 筋トレのための食事メニューの見直し|生野菜は効果的?

炭水化物とたんぱく質

細マッチョ 筋トレで大切なのは、食事メニューの見直しです。
ダイエットというと炭水化物や脂質を制限するような方法が有効と言われていますが、効果的な筋トレのためには、炭水化物は減らさないようにしましょう。

 

炭水化物が不足すると、筋肉がたくさん破壊されてしまい修復までに時間がかかってしまいます。
細マッチョ筋トレのためのトレーニング前の食事では、トレーニング前に栄養補給をして筋肉のなかのエネルギーが枯渇してしまうのを防ぐようにします。

 

無駄なく筋肉をつけるための食事の摂り方は?

 

ダンベル

 

激しいトレーニングでは筋肉の中のエネルギーのグリコーゲンがたくさん消費されるので、おにぎりやプロテインなどをとって炭水化物タンパク質が不足しないようにしておきましょう。
また、トレーニング前に栄養補給をすることで、トレーニング後に素早く筋肉をつくることができます。

肉とご飯だけ食べていれば筋肉がつくというわけではありません。

 

鶏のささみさえ摂ってればいいは間違い?

 

鶏のささみ

ビタミンやミネラルが不足すると、エネルギーをスムーズに作り出せなくなって、結果的にエネルギー不足に陥ってしまう可能性があります。
ビタミンやミネラルを補うのに大切なのが野菜です。
野菜というと生野菜やプロテイン入りのスムージーなどを思い浮かべるかもしれませんが、たくさんビタミンやミネラルをとりたい場合には、生野菜よりは煮たり蒸したりした野菜のほうが量を多く食べることができます。

 

生野菜は量が多く見えますが、ほとんどが水分なので、サラダだけではエネルギーをつくるためのビタミンやミネラルが不足してしまう可能性があります。

細マッチョになるためには、炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラル、を意識して摂取するようにしましょう。

 

おすすめの野菜はブロッコリー

 

ブロッコリー

 

野菜と鶏のささみを中心とした食生活で1日の摂取カロリーをコントロールしていく方法が最近主流です。

野菜の中でも余分な脂肪の吸収を防いでくれるブロッコリーは取り入れたい野菜の1つです。

 

トレーニング前の摂取がポイントです。

コメントは受け付けていません。