筋トレと糖質制限を組み合わせたダイエットメニューを1ヶ月続けてみて夏までに痩せる

健康的な食事

食べながら痩せられると話題の糖質制限ダイエットは、食事の量を制限するダイエットに比べると満足のいく食事がとれるので、空腹感に悩まされることなく続けられて、ダイエット中のストレスも軽減されます。
糖質制限ダイエットのやり方は、ごはんやパンなどの炭水化物を減らして、その分野菜や果物に含まれているビタミンやミネラル、肉や魚などに含まれているタンパク質をしっかり摂取します。

なぜ炭水化物を食べると太るの?

体に入った炭水化物は分解されてブドウ糖になり、エネルギー源として供給されますが、エネルギーとして使われなかった分は脂肪として蓄えられてしまうからです。糖質制限ダイエットは、脂肪のもとになる炭水化物を少なくすることで、脂肪を減らすという効果的なダイエット法なのです。

運動をしなくてもダイエット効果が期待できるので、始めやすいダイエットですが、さらにダイエットメニューに筋トレを加えれば、体重減少プラス太りにくい体づくりの実現に近づきます。まずは夏までに痩せることを目標に、1ヶ月間の集中ダイエットを始めてみましょう。

糖質を制限すると言っても、あまりにも減らしすぎてしまうと集中力が欠けたり体調不良になったりするケースもあるため、栄養バランスを考えながら、無理をせずに食事メニューを考えていきます。

週に1度、炭水化物の解禁日を作って丼物を食べたりすると、ごはんを食べたいという欲求が解消されるので、長く続けやすくなります。

 

運動を加えると更に効果的です

ダンベル運動

摂り過ぎてしまったカロリーは、筋トレで消費していきます。

1日5分程度の筋トレでも毎日続ければ効果的なダイエットになり、1ヶ月間のダイエットをクリアしたら目標体重を目指してさらに続けていけば、夏までに痩せることも夢ではなくなります。

コメントは受け付けていません。