無酸素運動のメニューを中心にして実現できる筋肉活性化

ダンベル

リバウンドしない体質になるためには、無酸素運動を中心にしたトレーニングを行って、筋肉活性化を進める必要があります。

逆に食事を減らすだけのダイエットをしていれば、筋肉の衰えが著しくなるため、基礎代謝の大幅な減退をもたらすことになります。

最終的には痩せにくい体質になることを目指すようにすれば、一時的な停滞期に直面しても、焦ることなく対処することが可能です。

 

食事の見直しと無駄のない栄養摂取

 

健康的な食事

 

筋肉活性化のためには、普段の食事メニューも根本的に見直して、本当に必要な栄養を無駄なく摂取しなければいけません。

高タンパクな食品を多用することは重要であっても、余計な脂肪や糖質が含まれるようでは、トレーニングの妨げになります。

 

糖質を極端に抑えることも避けて、エネルギー源になるビタミンB群を同時に摂取することが理想です。

筋肉の源になるタンパク質は、アミノ酸スコアが高い食品から意識的に摂取していれば、引き締まった体を作るための助けになります。

 

筋トレ+食事+有酸素運動

 

無酸素運動で筋肉活性化を促進するだけでは、引き締まった体にすることが難しいのは、他の方法で余計な脂肪を燃焼させる必要があるためです。

無酸素運動の筋トレで体を鍛えた後には、サイクリングや水泳などの有酸素運動を行うようにすれば、今度は体脂肪を燃焼させる仕組みが働きます。

 

この順番が逆になると効果が半減することがありますから、トレーニングのメニューを最初に定めてから、規則正しい状態で実践していきます。

 

これらの習慣を数ヶ月は続けていけば、引き締まった体が実感できるようになり、同時に体質の変化もはっきりと分かります。

無酸素運動の成果によって、少々の間食をしたくらいでは極端に太ることがなくなり、安定した体型を維持できるようになります。

コメントは受け付けていません。