有酸素運動と筋トレの順番を守って最短で引き締め効果を狙う

ダイエットは筋トレ 順番として筋トレ後にランニングした方が一番脂肪燃焼が上がる効果的なダイエット方法と言われます。

一般的に野外やランニングマシンを使ったトレーニングが代表的ですが脂肪を燃やす工程。

ウェイトトレーニングを使った筋トレを先にすることが大事です。

筋トレの方法があってるか不安

 

アームカール

筋トレ 順番はウェイトトレーニングで無酸素運動をして適度な心拍数にあげてやります。

最初はそんなにウェイトを上げる必要はありません。

1キログラムや2キログラムの鉄アレイやなどで構いませんので、軽いセット数で10回は鉄アレイ体操などを軽くしてみましょう。

 

そしてフィジカルトレーニングで、腹筋や背筋運動などを取り入れます。これも最初は10回程度で短期的に集中して行います。

足上げ腹筋なども短時間で効果的です。これで通常の心拍数の60~80ぐらいの心拍数が100超える程度まで少し上がる程度まで行います。

この無酸素運動をサーキットトレーニングとして1セット行います。

 

週2~3回程度でOK。目安としては少し汗ばむ程度の無酸素運動を行い、その後すぐに有酸素運動を行います。

ランニングマシンを使った運動はそんなに激しくなくて良いです。少し負荷をかけたい場合は傾斜角度がつけられるので、マシンを操作して軽く傾斜をつけてみましょう。

傾斜をつけると適度な負荷がかかりトレーニング効果がアップします。

 

有酸素運動は20分以上で脂肪燃焼開始

 

有酸素運動

 

ランニング時間としては20分以上を目安にしてください。

 

  1. 始動して10分あたりから少し汗ばんできます。
  2. 15分ほど経過すると額の汗が滴り落ちるようになります。
  3. 20分経過するあたりから脂肪燃焼がはじまります。

 

ランニングの時間としては20分経ってから最低15~20分は運動することが大事です。

心拍数は120~140程度でそんなに上げる必要はありません。無酸素運動とこの有酸素運動の相乗効果で脂肪燃焼の効率が高まります。

コメントは受け付けていません。