夏までに腹筋を割りたい!腹筋を強化する効率のいい筋トレ

夏までに腹筋を割りたい時や突き出た下腹対策をしたい時には腹筋運動を行うのが基本です。

ただし闇雲にトレーニングをしても効果は低くなりますので、正しい鍛え方で効率のいい筋トレを行うことが大切です。

露出の季節にも見せたくなるような腹筋に

 

スクワット

腹筋を割る為に大切なこととしてまず脂肪を落とす必要があります。

実はお腹の筋肉自体はもともと割れており、しかし脂肪があることによって隠れてしまっているのです。

脂肪さえ落としてしまえば腹筋を露出させることができますので、その為にも脂肪を落とす為のトレーニングが必要になります。

 

1週間単位でバランスよく有酸素と無酸素運動を組み合わせる

 

スクワット

 

そして有効なのは有酸素運動ですのでジョギングやウォーキング、水泳などといった運動を行うと良いでしょう。

なお、脂肪を落とすように努力しないとラインをなかなか浮き上がらせることはできませんので、有酸素運動は必須と考えておいた方が良いと言えます。

 

 

効率のいい筋トレの為には腹筋運動を正しく行うことも重要ですが、意識したいのが筋肉の収縮です。

筋肉がしっかりと使われていることを意識することが効果的に鍛える方法ですので、漫然とした運動にならないように要注意です。
上手く鍛える為にはまずお腹にしっかりと力が加わっていることを感じながら起き上がります。

 

そしてその際にはゆっくりと息を吐きながら起きるようにし、最後にはお腹をぎゅーっと絞り込みつつ息も吐き切りましょう。
戻る時には反対に息を吸いながら戻るのですが、その際に大事なのがお腹にしっかりと力が加わっていることを意識しながら戻ることです。

ありがちなのが戻ってしまう時には力を抜いてしまうやり方ですが、力を抜くと効果も低くなります。常に筋肉を意識しておかないと効率が悪くなりますので一回一回の動作を丁寧に行うことが重要です。

コメントは受け付けていません。