効果的な運動をして糖尿病で悩んでいる方も生活習慣病を防ごう

生活習慣病予防

生活習慣病を防ぐためには、効果的な運動が必要となります。
過剰なカロリー摂取を防ぐのは当然ですが、年齢を重ねるとカロリー代謝が低下してくるので、運動もプラスしていく必要があるのです。
代謝が低下していることで高血糖となり、糖尿病を誘発してしまったケースも少なくありません。

 

できる運動から初めてみる

ウォーキング

ウォーキングは誰でも手軽に行える運動で、生活習慣病を防ぐために理想的なものです。
ハードな運動になると人を選びますし、毎日行うには苦痛を伴うでしょう。

 

苦痛を伴う方法は継続しないので、失敗につながりやすいのです。
ダイエットに失敗してしまう方も、無理な方法を選ぶことでリバウンドしてしまうのです。

 

主治医は運動メニューを教えてくれる?

 

主治医

正しい運動療法は自分ではわからないので、主治医の判断に任せてみるのもいいかもしれません。

「運動したいのですが、具体的にどんな運動が続けられますか?」と聞いてみるといいでしょう。
肥満体型の方だと足腰に多くの負担がかかるため、運動メニューも選ばないといけません。
ダイエットに成功しても腰痛を招くようでは本末転倒でしょう。

 

効果的な運動は人により異なり、性格、メンタルの強さ、生活習慣なども関係してきます。
ハードな方法を無理なくこなせる方もいれば、簡単な方法でないと挫折する方もいます。
自分に合わない運動を続けても体を壊しますし、挫折をして運動嫌いになってしまう可能性もあるでしょう。

 

運動のやりすぎも体の負担になることも

 

 

主治医の判断によって、運動する時間も制限されることがあります。
特に糖尿病で悩んでいる方の場合は、医師の指示に従う必要があるでしょう。

 

自分にとって効果的な運動とは、生活習慣病の予防効果のあるものです。
人によって健康状態は異なりますから、必要な運動メニューも変わってきます。
筋肉が減少している方、部分やせをしたい方などは、ジムを利用したほうがいい場合もあります。

 

効果的なウォーキング

  • 背筋を伸ばし正しい姿勢で歩きます。
  • かかとから着地するようにしたあるき体の重心は前の方に置くように意識します。
  • 気持ち早歩きで20分以上歩くのが基礎代謝があがる方法であり脂肪燃焼が始まる時間でもあります。
  • 歩き始めは肌寒くても早歩きを行うと5分足らずでぽかぽかしてきます。
  • 服装は軽装で。
  • ウォーキング前にカフェインを摂ることでダイエット効果が期待できます。
筋トレ

コメントは受け付けていません。