内臓脂肪燃焼のためにいきなり筋トレ!はちょっと待った!

ウエストを補足する

 

内臓脂肪燃焼のためには、ウエストを細くすることを意識すると良いです。

目に見える部分なので、どれくらい成果があったのかがわかります。

こんなカラダ見せれない!そのカラダを作っているのはあなた自身だった

 

ポッコリお腹

 

ぽっこりお腹になってしまう原因は、内臓脂肪のつきすぎです。

また、背筋や腹筋の衰え、骨盤の歪み、便秘、などが原因になっていることもあります。
特に中年男性がなりやすい体型ですが、妊娠や出産後の女性も骨盤の歪みによってこの体型になりやすいです。
内臓脂肪が原因の場合には、まずはカロリー摂取を控えるようにします。

お酒をよく飲む、脂っこいものや糖質が多いものをたくさん食べる傾向がある人はぽっこりお腹になりやすいので、注意しましょう。
過食衝動を抑えたいのであれば、内臓脂肪 燃焼系のサプリメントには食欲を抑える効果がプラスされているので、それを食前に飲んでおくのも有効です。

腹筋及び腹斜筋は必須!でもいきなりは待った!

 

腹筋

いきなり筋トレをしてもなかなか苦しいので持続は難しいでしょう。

 

そこで、

腹筋を鍛えるには、腹式呼吸ダイエットが効果的です。呼吸の持続時間を長くして、お腹を凹ますときの力を強くします。

するとウエスト周りが引き締まるようになります。
息を止めずに一定のリズムで酸素を取り込む呼吸法で、有酸素運動の代わりにもなります。

 

デスクワークの途中などどんな場所でも道具なしでできるので、取り組みやすいです。
インナーマッスルが鍛えられることで、基礎代謝がアップして太りにくく痩せやすい体質に変えることができます。
呼吸系のダイエットは色々あり、どれも特別な道具と場所がいらないところがメリットです。

 

トレーニングは何にしても、続けることが有効です。
まずはカロリー摂取を抑えるようにして、腹式呼吸ダイエットをしてみましょう。

次第にインナーマッスルが鍛えられてきたら、腹筋や背筋を鍛える筋トレを組み合わせると良いです。

コメントは受け付けていません。