リバウンドしない痩せやすい体のためには筋肉を落とさない筋トレ

リバウンドしない痩せやすい体を作るためには、脂肪燃焼しやすい有酸素運動や筋トレを行い、筋肉を落とさないようにすることです。

リバウンドしないようにダイエットするためには、脂肪燃焼させることです。

脂肪を燃焼させるためには、血液中のエネルギーを不足させる必要があります。脂肪は、消費しきれなかったカロリーなどのエネルギーを蓄えることで作られるため、脂肪のエネルギーを使わなければならない状態を作り出します。

燃焼

体質を変えるためにも適度な運動を取り入れる

運動することで、最初は血液に含まれているエネルギーを使用します。血液に含まれているエネルギーが不足することで、脂肪が燃焼しはじめるため、ある程度の時間運動する必要があります。

筋トレは、カロリー消費だけでなく脂肪分解ホルモンの分泌が期待できます。トレーニングすることで、アドレナリンが分泌され、成長ホルモンも分泌されます。この2つのホルモンが分泌されることで、脂肪を分解し燃えやすい状態を作りだします。

この効果は、トレーニング後48時間程度続くとされているため、終わった後もダイエットに対してプラスの効果が期待できます。一時的なカロリー消費目的ではなく、体質そのものを変えるためのトレーニングとなるため、長期的に見るとダイエットに対して大いに役立ちます。

運動を行なう順番が大事

生活活動代謝

効果的にダイエットを行う場合には、筋トレを先に行ってから続けて有酸素運動を行うことです。

目安としては両方あわせて、長くても一時間以内です。トレーニングを先に行うことで、脂肪を分解し燃えやすい状態となるため、脂肪燃焼のプロセスを効率よく進めることができるようになります。運動を先に行ってしまうとトレーニングを行っても脂肪分解ホルモンの分泌が著しく低下してしまうケースがあります。

コメントは受け付けていません。